漢方治療

漢方の知識も豊富です

当院では、西洋医学で治療効果が思わしくない場合、東洋医学のアプローチから、漢方薬を処方いたします。病気やキズを集中して診る西洋医学と、体全体を「気のバランス」といった考え方で診る東洋医学とは、思想も治療方法もまったく異なります。

西洋医学では治らなかった症状が、東洋医学で改善された例は少なくありません。
特に「何となく調子が悪い、こころが不安定」といった漠然とした「不定愁訴」には、漢方薬が高い効果を示します。また副作用が少ないことも、漢方薬のメリットといえます。

漢方診療

現代医療の中心となっている西洋医学では、病気の原因を突き止め、その原因を取り除くことを目指します。同じ病気であっても症状は人それぞれ違うことも多く、診察や検査を組み合わせて病気の原因を追究します。いったん診断がつけば、治療法は根拠に基づいて行うことになります(EBM)。

これに対して漢方医学では、体の一部に現われた症状を全身の働きのゆがみと考え、これを正すことを目指します。ゆがみを正すには、もともと体に備わっている自然治癒力を高めようとします。治療では、患者様の自覚症状を重視し、一人一人の体質や病態に応じて薬を使い分けるのが特徴です。そのため、同じ病気でも漢方医学的にみた患者様の状態が違えば、用いる漢方薬は異なります(同病異治)。

また、違う病気でも同じ漢方薬になることもあります(異病同治)。
近年は、漢方薬の成分を分析したり臨床研究を行ったり、西洋薬と同様な観点からの報告も増え、より安心して使えるようになってきました。

患者様によっては、原因のはっきりしない症状を持つことも多く、西洋医学での治療が難しい場合もありますが、そのような場合に漢方薬が著効することがあります。
当院では、漢方薬の特性を生かして積極的に使用しています。

こんな症状でお悩みの方へ

  • 更年期障害
  • 肩こり・腰痛
  • めまい・ふらつき
  • 認知症に関連した症状
  • 全身の倦怠感・夏ばて
  • 食欲不振・胸焼け
  • のどに違和感があるが耳鼻科では異常ないと言われた
  • 冷え性
  • 下痢、便秘を繰り返す
  • 便秘

など色々な病院で調べてもらったが、原因不明、良くならない、副作用で薬が処方できない等お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

ご予約・ご相談はお気軽に

津島市・愛西市で内科をお探しの方は平井クリニックへお気軽にご来院下さい。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0567-33-0888bottom_tel_sp.png
  • 24時間受け付けておりますメールでのお問い合わせ24時間受け付けておりますメールでのお問い合わせ